出生前診断検査についてご紹介します!

出生前診断検査の予約方法

出生前診断検査の予約方法 出生前診断検査は、認定医療機関で行われているので、認定医療機関で予約を行う必要があります。
自分が妊婦検診で通っている病院で出生前診断が実施されているのであれば、10週以降になったら担当の医師に相談するようにしましょう。
妊婦健診で通っている病院で実施されていないのであれば、担当医に相談して、希望する認定医療機関で詳細を確認するようにします。
方法は病院により異なるため、担当医や希望する医療機関に問い合わせることが大切です。
ホームページを確認すると、説明などの詳細が掲載されているところも多く、中にはインターネットで予約が行われているところもあります。
種類によっては、できる時期が決まっているものもあります。
所定の週数を過ぎてしまうと検査が受けられなくなってしまうので早めに連絡をすることが大切です。
早いものであれば妊娠10週から、羊水となると妊娠16週以降となるので、十分に注意するようにしましょう。

病院で出生前診断の検査を受けるメリットとは

病院で出生前診断の検査を受けるメリットとは 母体内でこれから生まれる予定の赤ちゃんの状態を調べることができる、出生前診断が話題になっています。
病院で検査をすることで、赤ちゃんのダウン症の確立などがわかりますし健康に生まれるかどうかがわかる検査です。
出生前診断をなぜ受けるのか、というとその結果次第で産まないという選択をすることができるためです。
もちろん、結果を踏まえたうえで産む決断をする人もいますしすべては親にゆだねられています。
しかし、赤ちゃんにはその選択権が同然ないため倫理的な問題があるという意見があるのも実情です。
育てるのは親ですので、決めるのも当事者になりますが、調べなければ知らないまま出産ということになるため是非が問われています。
出生前診断をして、健康上の問題が赤ちゃんにあるのを知っていて出産というケースもありますし、ある程度の覚悟や準備が出来るという点からもこうした決断をする人が増えています。
いずれにしても大きな決断であることは事実です。

新着情報

◎2020/12/23

染色体異常の疾患とは何か
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

診断結果はいつ来る?
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「検査 予約」
に関連するツイート
Twitter